風見一族の人々

《頭領》風見 遥(かざみ はるか)
・年齢:22歳 / 身長:177 / 茶髪、茶目
・肩ほどまでのゆるやかな茶髪を耳の上からのみ小さく結んでいる
・一人称:僕
・イメージカラー:黄
・口調:優しい関西弁。
・役割:関西を支配する風見一族の頭領。
・特徴:表面は友好的で口調もおっとりとしているが、残忍で腹黒い本性を持つ。

「得意技」
◆魅惨(ミザン):自分を中心に竜巻を起こす。
◆瞬風(シュンプウ):高速移動術。遥は数倍速い、舜迅(シュンジン)を得意とする。
◆矢戯爽刀(ヤギソウトウ):疾風の刃で、敵を切り刻む。

《風見の三つ子》向井三兄弟
《長男》向井 善(むかい ぜん)
三つ子長男。口うるさく、騒がしい。素直で憎めないが、いつも損な役割を強いられている。得意技は空中移動。13歳。

《次男》向井 周(むかい しゅう)
三つ子の次男。頭領の遥同様、腹黒いが詰めが甘い。いつも善にふりまわされている。得意技は疾風。13歳。

《三男》向井 玄(むかい げん)
三つ子の末っ子。無口だが、すぐに顔に出る。善をひとことで受け流すあたり一番権限をもっているように思う。風が使えないかわりに道具を使う。13歳。

《前頭領》風見 快斗(かざみ かいと)
享年43歳。御影忠康と手を組んだ後、人間との戦でその人生を終えた。遥の父親。