愛欲の施設

2017-09-17

「忘れたなんてイワセナイ。その鎖の先はボクらのモノ。」

完全なる逆ハーレムを目指した新しい愛の形。
誰も選べないのに、すべてが欲しい。本能のままに、むさぼりつくしてもまだ足りない。
どこかオカシイとわかっているのに、愛してくれるその手を拒めない。
囚われて溺れてすべてを忘れてしまうほどの快楽の中で、貴女は本当の狂喜を知る。

小説を読む / 魅壷家とは / 短編を読む / 魅壷家の間取り図 / オリジナルソング / 関連記事


愛欲の施設 – Love Shelter –
ラブシェルター
《完結》
大人気シリーズ「第一弾」世界トップの玩具メーカーを経営する魅壷家。噂の絶えないその美麗な家族に関わった者は誰も何も語ろうとはしなかった。彼らは誰にも本気にならない。それなのにある日突然、内密に迎え入れられた一人の少女。秀麗で色気漂う魅壷家の人々に隠された切ない思いと真実は狂愛となって少女を包んでいく。
(現代ファンタジー/狂愛/溺愛/義兄弟/義父/美形)
◆ 夢小説で読む
◆ ムーンライトノベルズで読む

愛欲の施設 – First Wedge –
ファーストウェッジ
《連載中》
大人気シリーズ「第二弾」イヌガミと呼ばれる白銀のオオカミが統治する土地にやってきた一人の娘。村人たちに隠された姫巫女の秘密と古き因習。そして、性欲を糧として生きるカミの過去が明らかになる。
(和風ファンタジー/狼/人外/神様/美形)
◆ 夢小説で読む
◆ ムーンライトノベルズで読む


魅壷 みつぼ
玩具を主力に様々な会社を経営しており、世界でも指折りの金持ちとして知られている家柄。
「会長兼社長全取締役」という長い役職をもつ父・幸彦が全権力を握っている。家族構成は幸彦を含む秀麗な男たち七人と養子に迎え入れられたばかりの少女が一人。(ただし幸彦と陸以外は誰も血がつながっていない。)
家族の特技を生かした経営が功を成して多方面の分野で注目を浴びているが、これだけ巨大化した今でも、会社の主な経営は家族で負担している。また広大な敷地を有する豪邸に、使用人は一人もいない。良くも悪くも噂があとを断たない稀有な一家。

◆ 魅壷家のプロフィール


Short Story 彼らとの何気ない日常
※すべて【夢小説】仕様となっております。
最狂のコンビ(幸彦+戒)
ご主人様の命令(晶+輝)
罠だらけの日常(竜+戒)
鬼畜な王様(幸彦)
悪戯の代償(輝)
入浴剤の疑惑(兄弟/輝&戒 贔屓)
昼下がりの恋人(竜)
留守番の結末(陸)
《NEW》
新春書き初め大会(ALL)


魅壷家の間取り図
あの豪邸を大公開

》》間取り図をさっそく拝見


オリジナルソング
主題歌や挿入歌の歌詞
作詞:皐月うしこ
◆ 《Opening》愛欲の施設
◆ 《Ending》いつか眠りにつく日まで


Related article 関連記事

》》 「愛欲の施設」記事一覧はコチラ


※イラストは「もか様」からの頂き物になります。