心の靄が晴れるように、澄んだ空気が肺に深く流れ込んでくる。 「ああ、そうか。」 誰に対して ...

色褪せたロープで仕切られた前に、一人の男が立っていた。目の前の土地では、禿げた雑草が住居範 ...

薄くかかる白い雲の向こう側で、星空が地上を見下ろしていた。 「あ、流れ星!!」 遠い遠い宇 ...

「不埒なひと企画」無事に終了しました! 読んでくださった方、ありがとうございますm(_ _ ...

11月23日(木)0:00~23:59 24時間限定でムーンライトノベルズで開催される「不 ...


抱きしめた温もりの端に、優しくて柔らかな香りが、ほんの少しの微熱を伝えてくる。 「あの、さ ...

モーメントでもまとめております。Twitter連載小説を「小説家になろう」にて掲載始めまし ...

皐月うしこオリジナル小説を140字名刺にしました。 お持ち帰りは自由です。 小説を読まれる ...

【持ち帰り自由】 140文字小説たちを名刺風に作ってみました。 23個の物語が名刺風でいつ ...

壊れた街灯さえも震える寒い冬の兆しが見え始めた頃、男はようやくその顔をあげた。 「こっちは ...